神戸酒心館 神戸酒心館
サイト内検索
英語 オランダ語 中国語 韓国語
 
醸造元 福寿蔵
蔵の料亭 さかばやし
蔵直売所 東明蔵
イベント蔵 酒心館ホール
ギャラリー長屋門
オンラインショップ eshop酒心館
旬の酒 こよみざけ
新着情報 かわらばん
酒造りを知る 蔵見学
お越しの際に アクセス
 
メルマガ登録
 
酒心館のニュース配信
会社概要
サイトマップ
お問い合わせ
トップページ > かわらばん > さかばやし > 【蔵元ならではの調味料】 煎り酒
【蔵元ならではの調味料】 煎り酒

%E7%85%8E%E3%82%8A%E9%85%92.JPG

煎り酒は、「いりさけ」と読みます。はじめて耳にする方もおられるかもしれませんが、江戸時代中期から後期にかけて醤油が普及するまでは広く一般的に親しまれていた調味料です。日本酒に梅干しを入れ、弱火でじっくりと煮詰めたもので、味わいはすごく繊細。白身魚のお刺身や貝類、豆腐など淡白の素材につけて食すと、なんとも上品な味わいが楽しめます。素材を活かすお料理にはぴったりですので、ぜひ一度味わってみてください。

■蔵の料亭「さかばやし」では、お造りをご注文いただいた際に煎り酒をご提供しております。